読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えたら書く

IT関係のデベロッパとして日々覚えたことを書き残したいです。 twitter: @yyoshikaw

IntelliJ IDEA - ソースコードに自動的にCopyrightを挿入する

ソースコードの先頭にCopyright(著作権)の表示をしておきたいということが多々あります。
新規クラス生成するたびに、コードの先頭に決まったCopyrightの内容を記述するの面倒なので、自動的に挿入されるようにしておきましょう。

以下手順です。

File > Settings とSettingsダイアログを表示します。


Settingsダイアログで Editor > Copyright > Copyright Profiles と展開し、 +部分をクリックします。

f:id:nini_y:20161207233957p:plain


Profileに適当な名前をつけて、Copyrightとして挿入する内容を入力して「OK」ボタンをクリックします。
本サンプルでは名前を"SampleProfile"にして、以下内容をCopyrightとして挿入するようにしました。

Copyright (c) $today.year. Sample App Corporation. All Rights Reserved.

f:id:nini_y:20161207234005p:plain


Settingsダイアログで Editor > Copyright を選択し、右にある+部分をクリックします。

f:id:nini_y:20161207234029p:plain


先ほど作成したProfile(SampleProfile)を選択します。(Scopeは本サンプルではAllにしています) その後、「OK」ボタンをクリックします。

f:id:nini_y:20161207234015p:plain

これで設定完了です。


クラスを新規に生成すると、ファイルの先頭部分に指定したCopyrightが自動的に挿入されていることが分かります。

f:id:nini_y:20161207234018p:plain