覚えたら書く

IT関係のデベロッパとして日々覚えたことを書き残したいです。twitter: @yyoshikaw

Kotlin - アクセサの可視性変更

Kotlin では、プロパティのアクセサの可視性は、デフォルトではそのプロパティの可視性と同じです。

例えば以下のようなクラスを定義したとします。シャンプーを意味するクラスで変更可能な価格(price)をプロパティとして持っています。

class Shampoo {
    var price: Int = 1200
}

このプロパティのアクセサの可視性は特に指定おいらず、 public になっています。

そのため、以下のように値を変更可能です

fun main() {
    val shampoo = Shampoo()
    println("Shampoo price ->  ${shampoo.price}(yen)")

    shampoo.price = 100 // 値を変更可能
    println("Shampoo new price ->  ${shampoo.price}(yen)")
}

実行結果は以下の通りです。

Shampoo price ->  1200(yen)
Shampoo new price ->  100(yen)


アクセサの可視性は、 get または set キーワードの前に可視性修飾子を記述する事で、可視性を変更可能です。


先ほどの Shampoo クラスの価格の変更は内部からのみに限定(private)にしたい場合はクラス定義は以下のようになります。

class Shampoo {
    var price: Int = 1200
        private set
}

そうするとクラスを外部から利用するコードにおける以下部分がエラーとなり、コンパイルが通らなくなります

shampoo.price = 100


上記の例は、 publicの可視性のプロパティを、setに関しては可視性をprivateに狭めるものでしたが、逆はどうなるのか。。。

以下のクラスを定義して price プロパティの可視性に private を指定します。

class Shampoo {
    private var price: Int = 1200
}

このコードを以下のように書き換えようとしてもコンパイルエラーとなります。

class Shampoo {
    private var price: Int = 1200
        public get // コンパイルエラー 
        public set // コンパイルエラー
}

private のプロパティのアクセサの可視性を広げるようなことはできないようです。
そもそも、こんなことをする状況が生まれないのかな。。。


まとめ

プロパティのアクセサの可視性を変更する方法を学びました。
public の可視性のプロパティのアクセサを private にすることなどが可能です。