覚えたら書く

IT関係のデベロッパとして日々覚えたことを書き残したいです。twitter: @yyoshikaw

Mac - PgUp, PgDn キーの操作をしたい

前回の話と似ていますが、BIOSの画面で PgUpキー, PgDnキー で画面操作しろと要求されるケースがあります。

PgUpキー, PgDnキーは、Windows用のキーボードなら問題なく存在していますが、 MacBook などにはキーが存在していません。
どうしたら良いかというと以下キーの組み合わせで、PgUpキー, PgDnキー の動きを実現できます。

  • PgUp
    • fn + ↑
  • PgDn
    • fn + ↓



関連エントリ

Mac - F11キーの入力を送信したい

BIOS画面等々でF2F11 キーをクリックして画面操作を進めるケースがあります。

これが仮想環境上の話でそれをMac環境からも操作したい場合、
F11キーはデフォルトでデスクトップ表示になっているので、単純にF11キー だけをクリックしてもうまくいきません。

このようなケースでは以下のようなキーの組み合わせで実施したいことが可能です(以下例はF11キーの入力を送りたい場合です)

fn + command + F11


キーボードのファンクションキーをデフォルトでONにしている場合は以下になります。

command + F11


これでめでたく、F11キーの入力を送信することができます



関連エントリ

Mac - Ctrl + Alt + Delete コマンドの送信

Windows上でたまに利用する Ctrl + Alt + Delete のキー組み合わせ。

これをMac環境からも実行したい場合があります。
たとえば、VMwareの仮想マシン上のWindowsをMacBookから操作しているようなケースです。

MacBookのキーボードでは以下のキーの組み合わせでこれを実行できます。

fn + control + option + delete


キー4つの組み合わせですが、慣れれば覚えますかね・・・



関連エントリ

Linux - 特定のプロセスが掴んでいるファイルを特定する

自分用のメモです。

ps 等で対象のプロセスのプロセスID(PID)がわかっている状態で以下のいずれかを実行すれば、 対象プロセスが掴んでいるファイルを確認できます。


lsof -p {PID}

または

ls -l /proc/{PID}/fd



関連エントリ