読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えたら書く

IT関係のデベロッパとして日々覚えたことを書き残したいです。 twitter: @yyoshikaw

MedNight Tokyo #1 ~医療系サービスにおけるエンジニア運用裏話~

カンファレンス・勉強会

MedNight Tokyo #1 に参加してきました。

以下、自分用のメモです


概要

  • 開催日時
    • 2016/12/14 19:30 ~
  • 登壇企業
  • 内容
    • 医療ヘルスケア分野のエムスリー・メドレーのエンジニアが、医療業界におけるサービス運用に関するアレコレを語る会
  • 参加費
    • 無料


製薬企業向けサービス運用24時

エムスリー株式会社 笹生健 氏

  • エムスリー
    • 医療従事者向け医療情報サイト m3.com
  • MR君
    • 製薬企業向けサービス
    • 製薬企業が薬剤を(動画などで)医師にプロモーションするためのサービス
    • 売上規模150億円
  • エンジニア60名
    • Unit1~Unit9, インフラ・基盤チーム
    • MR君 ⇒ Unit1:開発7名、運用7名
  • 運用
    • 営業・運用スタッフ(約100名)からの依頼がRedmineで飛んでくる
    • Redmineを眺める毎日
    • データ抽出・集計が一番多い
      • クライアント向けの提案・報告資料用データ作成
      • SQLが変態的に得意になった
      • なんでSQL?
        • データウェアハウス的なツール整備が追い付かない
  • 運用エンジニアやってて思うこと
    • 安定運用のために開発時に心がける事
      • 運用に必要な機能・ツールを予め用意して!
    • 営業・運用スタッフとの良好な関係作り
      • 人情味あるコミュニケーション
    • 運用エンジニアのやりがい
      • 楽しかったこと
        • 営業・運用スタッフからの「ありがとう」
        • 協力して運用を回す達成感
      • 悲しかったこと
        • システムに振り回される人たちを見るとつらい
        • 運用が煩雑、トラブル発生で遅くまで業務


顧客リーチ手段再考

エムスリー株式会社 岩佐 氏

  • 顧客リーチ手段
    • 流入/day
      • メール: 47,000
      • 検索エンジン: 35,000
      • APP: 15,000
    • 層別分析
  • Web Push
    • アプリのPushのようなものがアプリインストール無しにWebからできる
    • サービスワーカはCookieにアクセスできない
    • サービスワーカの中ではブロッキングAPIは使えない
    • プッシュサーバ
      • FCM(Chrome52以降)


1人開発体制における運用と工夫

株式会社メドレー 徐 氏

  • メドレー
    • 2009年 創業
    • サービス
      • MEDLEY
      • CLINICS
      • JobMedley
      • 介護のほんね
  • どうやって1人で運用しているのか
    • PM 3人, エンジニア 1人
    • 基本的にはサイト改善をやっている。インフラ作業は不定期に発生する
    • 障害対応
      • 障害対応も1人
    • 最低限の自動化は必ずやる
      • 最低限のテストコードは必ず書き自動テスト
      • デプロイはCIにさせる
      • SSL証明書の更新などもできるだけ自動化
    • タスクの分割
      • 小規模リリースを心がける
    • 基本的に人が増える事前提で、後から入ってきた人が不安なく・快適に開発するために可読性の高いコードを書く。ドキュメント整備もする


オンライ病気事典MEDLEYの地味だけど重要な運用の話

株式会社メドレー 竹内正明 氏

speakerdeck.com

  • オンライン病気事典メドレー
    • 医師たちがつくるオンライン病気事典
  • 1つのロール=1人の担当者
    • 1人でも異動したら運営が回らなくなる
    • 属人化とブラックボックス化に対処する
      • 自動化
      • ドキュメントを残す
  • ドキュメント
    • ドキュメント共有サービスesaを利用
    • 運用手順書のポイント
      • ターゲットとレベルを定義する
      • 担当者を明記する
      • 不定期なものは定期的に実行できるようにならないか検討する
      • 手順書自体を定期的に見直す
  • 凡事徹底


まとめ

  • 技術スタックの話などではなく、運用の泥臭い話がメインで、それが自分にとってとても面白かった
  • 懇親会はかなり盛り上がってました。普段なかなか接点のない会社の人と話せてとても良かった
  • 医療系に限らないがシステムやサービスを収益事業化するのは大変だなとしみじみと感じた
  • 第2回もそのうち開催されるらしい。開催されるならまた参加したい



関連エントリ・リンク